大好きなカルトナージュのことを中心に、楽しい日々のこと ♪


by kurara-ekko
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29

<   2008年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

ピアノの先生に♪

日差しは暖かくなってきていますが、まだまだ寒いですね。
昨日、今日と雪がちらついていました。

娘がお世話になっているピアノの先生が、産休に入られるので、
お礼とお祝いに、ささやかなプレゼントをしました。
f0149505_20294355.jpg

定番になりつつあるjouyで♪
f0149505_20312323.jpg

これをみた娘が
「ひつじちゃんの顔がきれてる~~><」

ごめんよ~~ ママは天使と少女しか目に入っていなかったよ^^;
[PR]
by kurara-ekko | 2008-02-27 20:40 | カルトナージュ

ぐりとぐら

昨日はお隣の県まで足を伸ばし、岐阜県美術館へ行ってきました。
「ぐりとぐらとなかまたち」山脇百合子絵本原画展
f0149505_1626252.jpg

私も子供の頃から大好きなぐりとぐら。
ほのぼのとした絵と、どきどきわくわくするようなお話。
子供はぜったい好きですよね。
こんな撮影スポットも♪
f0149505_16281775.jpg

そして、娘がどうしても欲しいと言う
「なぞなぞえほん」とレターセット、シールを購入^^
f0149505_16305832.jpg

[PR]
by kurara-ekko | 2008-02-25 16:33

レターラック

土曜日のレッスン作品です。
こちらも楽しみにしていた形のもの♪
前面の三角の真ん中にバスケットをもってくるはずが・・・
時間切れで、焦ってしまったのです><
f0149505_16312337.jpg

今回は、上乗せという方法で組み立てました。
これが慣れなくて。。
それと、いろいろな角度の角の処理の仕方が難しかったです。
これが覚えきれなくて、頭はこんがらがるし。。><。。
図にも書けないような複雑なカットなのです。
でもその切れ込みをすると、「あて」をしなくても地肌が見えないの。
まあ、地肌がみえるようなら、「あて」をすればいいのだけど、
カットでなんとかなるなら、そのほうがスッキリ仕上がるのです。

忘れないうちに復習
f0149505_16454365.jpg

と思ったけど、やっぱり忘れてしまった^^;
先生、来月もう一回切れ込みのところ、教えてくださ~い!!

こちらは水色好きの娘がねらっています(≧m≦)ぷぷっ
[PR]
by kurara-ekko | 2008-02-19 16:55 | カルトナージュ

カードケース

お店などでもらうポイントカード、たくさんありますよね。
お買い物をして、カードにスタンプを押してもらいたいのに、
見つからない、なんてこともしばしば。。
atelier SomethingさんのHPで、カードケースの作り方が掲載されていたので、
参考にさせていただいて作ってみました。
f0149505_1159611.jpg

蛇腹をたくさん折って、中はリボンで仕切ります。
HPでは「伸縮性のリボンで」、とありましたが、探しに出掛けるのがおっくうで・・・^^;
普通のリボンでもなんとかいけると思います。
f0149505_120282.jpg

f0149505_12175744.jpg

[PR]
by kurara-ekko | 2008-02-17 12:12 | カルトナージュ
やっとやっと、新作です。
前から洗面所に欲しかった、ティッシュケース。
狭い所なので、できるだけコンパクトに作りました。
f0149505_20182267.jpg

今回のテーマ(いつもそんなのあったか??)は、
シンプルエレガント037.gif

でもはっきり言って、機能的には失敗作です^^;
ティッシュがうまく引き出せないのです。。
ふたが軽すぎたのか、取り出し口が小さかったのか??

この縦型だとティッシュはどうなっているの?半分に切るのか?
と不思議に思っていたのですが、少し折り曲げていれてあるだけなのですね~
一個分ちゃんと入ります。
f0149505_202792.jpg

これとおそろいで、ゴミ箱も。。と製作途中ですが、
迷宮入りになりそうです。。><。。
[PR]
by kurara-ekko | 2008-02-12 20:31 | カルトナージュ

ゆーきやこんこん♪

昨日、東海地方は久しぶりの積雪となりました。
土曜日で良かったですね~。
午前中から降り出した雪は、午後には10センチほど積もり、娘は大はしゃぎ♪

何度も何度も外をながめ、遊べそうなくらい積もると、
娘 「ちょっと、外へ行ってきてもいい??」
私 「まだ降っているから、少しだけだよ」
娘 「うん♪いってきま~す!!」

ちっとも帰ってこない・・・。。当たり前か。
外の様子を伺うと、何人か子供達と一緒に遊んでいる。
これは、当分帰ってこないな。。

スキー用の手袋、ぼうし、耳あて、長靴に変えさせようと思って用意していたら、
着替えにもどってきた。でもまたすぐに遊びに行く。

私もこどものころは、雪で楽しくあそんだなあ、と思いながら
久しぶりにカルトナージュをしていました^^;
亀の歩みなので、まだ完成には至りませんが。。

雪の写真、撮り忘れました^^; 残念><
[PR]
by kurara-ekko | 2008-02-10 21:09 | 日常

マカロン&出会い♪

うわさに聞くラデュレのマカロン。
わたくし、頂いたことがありません><

三越のバレンタインフェアで、個数限定販売があるとか。。

これはぜひともご賞味してみたい!!

行ってきちゃいました^^
f0149505_17115498.jpgf0149505_1720116.jpg















かわいいピンクの箱に、レモン、キャラメル、カフェのフレーバー。
マカロンは早速頂いてみました。
はじめてのサクサクと軽い食感に、濃厚なクリーム。
小さいのに、ひとつで十分と思える存在。
渋めの紅茶が合いますね。

でも~~。。マカロン3200円、チョコレート1500円
う~ん、これって妥当なお値段なの??

そして、もうひとつ出会っちゃったのです。
f0149505_1738132.jpg

アンティークのはさみです。
一生の宝物にします♪
他にも心奪われるものがたくさんありました。
すずらんの模様が彫られた目打ち。
はさみの柄に天使が彫られているもの。(こちらが欲しかったのだけどお値段は4倍)
フランスアンティークの生地、レース、ボタン、カード。。
どれも素敵で、欲しくなってしまいましたが、今回はこれだけ。
すこしずつ、集まってくるといいな。
[PR]
by kurara-ekko | 2008-02-08 17:42 | お気に入り

小粒揃い♪

この時期のフルーツといえば、ダンゼンいちご!!
私はこの小粒のいちごが手に入ると、ジャムをつくります。
本当は、もっと小さいものがいいのですが。
f0149505_1517132.jpg

手作りのいちごジャムはとってもおいしい♪
私の場合は、あまり煮詰めないほうが好き。
そして、少しはつぶしますが、ほとんどはまるごとのまま。
ソースとしても使えますものね。
でもほとんどは、ヨーグルトにかけて頂きます。
f0149505_152311.jpg


3パックでそれだけ??  と、お思いでしょうか?
いえいえ、もうだいぶ私のお腹に消えました^^;
そして、ストック用にフリージングしてあります。
いちごの季節が終わるまでに、たくさんのストックを用意しないと!!
一年中、このいちごちゃんを食べたい、kuraraなのです。

これを、娘と主人を送り出した後、ゆっくり味わう時間がなんともいえませんね~^^
[PR]
by kurara-ekko | 2008-02-07 15:14 | お気に入り

ねないこ だれだ

先週、今回は本格的に腰を痛めまして。。
やっと病院へ行ってきました。

Dr.に「ぐきぐきっ」と強制してもらい、腰に注射を打たれ、シップにコルセット。。><。。
「これで治ればぎっくり腰だし、治らなければヘルニアでしょう。」
だそうです。。
やっぱり、運動不足のせい??

またしばらくはカルトナージュができません><
作りかけのものはできるかも・・・

なのでまた絵本ねたでも。

2月号の「MOE」(絵本雑誌です)で、穂村弘さんの「ぼくの宝物絵本」というコーナーに
「ねないこだれだ」のことが書かれていました。
f0149505_1040249.jpg
せな けいこ/作・絵
福音館書店







これはもう「教育的配慮」をこえているよ。
こわすぎる。
そして、すばらしい。

と評してありました。
そう、こわすぎるのです。
教育的に、夜おそくまで起きていると、おばけがくるよ、
というようなかわいいものではありません。

「とけいが なります ボン ボン ボン」
「こんな じかんに おきているのは だれだ?」
こんなこわいリズムでずっと続くのです。
後半は、
「よなかに あそぶこは おばけに おなり」といって、
女の子の下半身がおばけのように、ひょろろんとした形になり、
最後は「おばけになって とんでいけ」
で全身おばけのシルエットになり、おばけに手をひかれ、夜空にとんでいく、というもの。
こわいでしょう?

娘が本屋さんで、この本を買って欲しいと言ってきたのは、
まだ2歳ぐらいだったと思います。
最初の数ヶ月は、寝る前によく読んであげていました。
娘も「こわい~」と言いながらも、楽しんでいました。
が、しばらくすると、夜に読むのを嫌がるようになり、
その後は、昼間でも、見るのも、さわるのもいやがるようになります。
そして、「こわいから、おしいれにしまっておいて」(ホンキでこわがっている様子)
との訴えがあり、押入れ行きに。。 

押入れに数年間保管されますが、娘はこの本が押入れにあることは、
気になるところでもあり、ときどき「ねないこだれだ、ある?」
と聞いてきていました。「読みたいの?」と聞くと
「いやいやいや!!」と完全拒否。

f0149505_11144930.jpg

しかし、去年ぐらいから、また本棚に帰り咲いています。
こんな風に、おばけにシールがはられて、半分隠されていますが。。
(もちろん、娘のしわざ)
分かるでしょうか?



娘にとっては、こわいけど、インパクトの強いものなのでしょう。
年々、この本に対する態度が変わっておもしろいです。
こどもによって、反応は違うでしょうが、なかなか興味深いですね。

そこがすばらしいってことなのかな。
う~ん 奥深い。。
[PR]
by kurara-ekko | 2008-02-04 11:34 | 絵本